ルイボスティー効能!飲み過ぎには要注意!?

最近ルイボスティーというお茶が注目されています。健康・美容に効果があり、ノンカフェインなので妊婦にも安心して飲めるという効能が話題になっています。良い事ずくしのルイボスティーですが飲みすぎて良いものなのか、反対に飲み過ぎると悪影響なのか効能も含め記します。

 

ルイボスティーの主な効能

そもそもルイボスティーの「ルイボス」とはアフリカの現地の言葉で「赤い茂み(Red Bush)」を意味しています。古くから南アフリカの先住民の間で日常的に飲まれており親しまれ、健康や美容に嬉しい効果があることから「奇跡のお茶」「不老長寿のお茶」として沢山の人々に飲まれ続けてきました。

近年では、活性酸素を抑えることで知られるSOD(スーパー・オキサイド・ディスムターゼ)様酵素が含まれる事が判明され、アフリカだけでなく世界各国そして日本でも愛されています。ルイボスティーの効能を紹介したいと思います。

  • 老化を防ぐ
  • 血流を良くする
  • 妊娠率を高める
  • アレルギーを防ぐ
  • 便秘改善
  • 乾燥肌を治す

ということが挙げられます。

 

先程紹介したSODという成分は体内に存在する活性酸素を取り除く効能があると言われています。活性酸素は体を老化させてしまう原因となり、がんや糖尿病などの病気の発症率を上げてしまう危険があるそうです。

 

しかしルイボスティーを飲んでSODを摂取することによって、若返りの作用をもたらし血管の中にある老廃物を取り除くので血流が良くなり、冷えを改善してくれます。このことは妊娠を望む方にはとても良い効能で、子宮と胎盤が繋がりやすくなり、妊娠率アップに繋がります。また、女性に嬉しいだけでなく、男性も飲用することで精子にも若返りが見られ妊娠率があがると期待されています。

健康にも美容にも良いルイボスティーはまさに奇跡の飲み物ですね。

 

ルイボスティーの効能を得るためには飲みすぎたらまずいの?

私たちにとってこんなに素晴らしい効能ばかりのルイボスティーなので、出来る限り沢山飲みたいものです。しかし、飲みすぎてしまうとかえって良くないものなのでしょうか?

そこで調べてみました。

<目安は1日に2杯から3杯>

ルイボスティーにはミネラルが豊富に含まれています。

そのことで、過剰摂取や不足は心臓や腎臓に影響するから飲みすぎてはいけないかと心配される声もあるようですが、そうとは言えないです。ミネラルは水に溶けやすく、消化吸収、排泄など体の働きの補酵素となって絶えず使われていく栄養素なのでルイボスティーを飲みすぎることが問題には繋がらないようです。

しかし、何事も過剰はよくありません。ルイボスティーといっても水分なので過剰に摂取することで下痢の原因になるそうです。

どの程度が良いのかと言っても、ルイボスティーは薬ではなくお茶なので、特に何倍飲めば効果的であるとはなく、緑茶やウーロン茶等のように日常生活の中の自然なリズムで飲むのが良いようです。目安は大体2杯から3杯位と言われています。飲みすぎに注意しながらも、毎日の水分として摂取していきたいですね。

 

ルイボスティーの効能を得るための適切な飲みかたは?

現在では、日常生活で気軽に飲みやすいようにペットボトルやパックで販売しているものが多く見られます。
その中でも、効能を高める飲み方としては、先程お伝えしたように1日2、3杯を目安に毎日継続して飲むことが良いと言われています。

また、それぞれの効能に合わせた飲み方があり、安眠効果には寝る前に1杯飲む・便秘解消は朝起きたときに飲む・ダイエット効果は食事の30分前に飲むことが良いと言われています。
そして、茶葉に効能成分が多く含まれているので煮出してからじっくりと冷まして飲んでいくことが良いそうです。

以上の飲み方を意識しながら毎日美味しくルイボスティーを飲んで、健康や美容に良い効果を得ていきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です