ルイボスティーの味・美味しい飲みかたの薦め

体にとても良いと言われているルイボスティーですが、飲んだことのない方は「味に癖があるのでは?」「どんな飲みかたをすれば良いの?」と少し不安に思うかもしれません。実際に私がその1人でした。
今回は、ルイボスティーの味やおいしい飲みかたなどをお伝えしていきます。

ルイボスティーの味はどんな味?

ルイボスティーは健康茶なので、身体に良いお茶です。苦みや渋みのあるお茶というイメージがあるのかもしれませんが、飲んだ方のご意見では、

  • 甘みが少なく、あっさりとした紅茶のような味
  • さっぱりしている
  • 飲みやすい
  • 緑茶よりも飲みやすい
  • ごはんに合う
  • ほうじ茶の味に似ている

といった様々な声があげられました。

ルイボスティーにはカフェインが入っていないので口当たりがよく、渋みの少ない紅茶やウーロン茶に似ていると言われています。

私もルイボスティーを初めて知った時は、知らないお茶なので癖があるのでは?と偏見を持っていました。
飲み始めるのは抵抗があったのですが、知人に薦めてもらい実際に飲んでみると想像とは全く違い、口当たりの良い味で美味しさを感じました。

飲みやすい味なので、今まで飲んでいた麦茶や緑茶の代わりに日常生活の中でルイボスティーを飲むことにしました。主人も気に入り、2人で飲み続けて、約1年以上が経過していますよ。

 

ルイボスティーの美味しい飲みかたのオススメは?

ここからは、ルイボスティーの飲みかたについて記していきます。

口当たりが良く飲みやすいので、ホットやアイスでそのまま飲んでも美味しく召し上がれます。
ルイボスティーはノンカフェインなので、お子さんも安心して飲むことが出来ます。
牛乳を入れてミルクティーにしたり、お砂糖やはちみつをいれて甘くする飲み方もあるそうで、甘いものが好きなお子さんには喜ばれる飲みかたではないでしょうか。

他にも、季節のフルーツを入れてフルーツルイボスティーにしたり、しょうがを入れてジンジャーエルルイボスティーにするのもおすすめだそうです。

フルーツやしょうがを入れたルイボスティーは、また一味ちがって美味しさが増しそうですよね。
特にフルーツは見た目も可愛く、今流行のおうちカフェでおもてなしするのも良いのではないでしょうか。見た目の可愛さだけでなく健康や美容にも良い飲み物ということで、喜んでいただけそうですね。

普通に飲むのは飽きてきてしまった・・という方にはとっておきの飲みかたではないでしょうか。
私自身も、普段はホットかアイスで飲む位しか知りませんでしたので、ぜひ試してみたいと思います。

 

まとめ

ルイボスティーの味や美味しい飲みかたについて少しでもわかっていただけましたでしょうか?

まだルイボスティーを飲んだことのない方はぜひ、思い描いているマイナスのイメージを取っ払って、まずは一口でも試しに飲んでいただきたいです。

今回美味しい飲みかたもご紹介させていただきました。毎日飲み続けることで、効果が期待されるルイボスティーですので、ぜひ自分が好きな飲み方を見つけながら、美味しく、そして長く続けていきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です